博士課程学生対象 特任助手の任用 若手研究者育成支援制度

東京電機大学では、令和3年度より、若手研究者育成支援制度を導入します。
この制度は、日本学術振興会特別研究員制度に準じ、大学院先端科学技術研究科(博士後期課程)に所属する優秀な大学院生を対象に、大学院生の身分を有したまま一定の収入を保障する「特任助手(任期付)」として本学が雇用し、研究者としてのキャリアを支援するものです。

特任助手とは

先端科学技術研究科の大学院生の身分を有したまま、総合研究所に所属する任期付の専任教員として雇用され、研究に専念できる制度です。科研費をはじめ競争的資金等への申請や関連する研究プロジェクトへの参加も可能です。
学科の演習等の授業補助と学部生・修士課程学生の研究指導、大学の運営補助を担うことで、研究教育経験や学科・学系運営の学事経験を積むことができます。

職務の内容

博士課程指導教員の研究室での研究指導補助 :週2時間(1コマ)
学部の授業科目の補助 :週6時間(3コマ)
学力考査及び入学試験に関する監督又はその補助業務、オープンキャンパス等での学科・学系広報補助業務

待遇など

年収:2,400,000円(月収200,000円×12ヶ月)
研究費:上限500,000円/年(研究課題に応じて申請)
学会出張旅費補助:上限200,000円/年(同上)
各種社会保険完備
*その他諸手当は規程による

募集の対象(応募条件)

令和3年度に先端科学技術研究科に在籍する、またはその予定であり、以下の要件に当てはまる者。
・人物、成績ともに優秀で研究業績を積み重ねていく見込みがあり、研究者としての能力を一層伸ばす意欲が見られる者
・原則として休学または修了延期をしていない者
・令和3年度日本学術振興会特別研究員(DC1,DC2)への申請※を行っている者
 ※日本学術振興会特別研究員に採択された者は本学特任助手は辞退する扱いとなります。
・先端科学技術研究科の指導教員の承認を得ている者
・過去に本学専任教員(任期付含む)の職務経験がない者

採用人数

若干名(上限6名を予定)

任期の考え方

先端科学技術研究科の正規修業年限に合わせ、次のとおりとします。
・令和3年度に先端科学技術研究科1年次生で、特任助手に採用された者 : 3年間(延⻑なし)
・令和3年度に先端科学技術研究科2年次生で、特任助手に採用された者 : 2年間(延⻑なし)
・令和3年度に先端科学技術研究科3年次生で、特任助手に採用された者 : 1年間(延⻑なし)
*修了延期の場合に、自動的な任期延⻑はありません。

選考日程(予定)

・令和2年6月8日 「日本学術振興会特別研究員」申請学内締切
・令和2年9月 「特任助手」募集・申請期間
・令和2年10月 選考審査
・令和2年11月 内定
・令和3年4月 着任

FAQ

Q. 日本学生支援機構等の奨学金は受給できますか?
⇒ 各奨学金の規程に応じ、受給は可能です。

Q. 授業料等の免除はありますか?
⇒ 既存の博士課程在学生対象の学費援助の対象となります。

Q. TAやアルバイトとの掛け持ちはできますか?
⇒ 専任教員として採用されるため原則として兼業はできませんが、行政委員会への出向等,兼業申請と学外出向手続きを経て認められることがあります。

Q. 選考はどのような形で行われますか?
⇒ 日本学術振興会特別研究員への申請書類等(審査結果の評価含む)による書類選考及び面接選考を経て、採用の可否を決定します。

関連コンテンツ

その他のコンテンツ