東京電機大学の7つのこと東京電機大学の7つのこと

電大女子の大学生活に迫る!

理系の女子大学生や、研究者、企業で働く女性社員たちが“リケジョ”として注目を集めています。その理由は女子の理系学生や研究者数が相対的に少なく、研究でも開発でも女性ならではの視点や考え方を活かして活躍しているからです。

このページでは、東京電機大学に在籍する女子学生の活躍の一部をご紹介します。

※掲載内容は取材当時

学生生活は?

東京電機大学の女子学生は、勉学、クラブ&サークル、課外活動、アルバイトなど全力で取り組みながら、充実した毎日を送っています。夢の実現を目指して走り続ける、4名のガールズライフをご紹介します。

  • I.M.さん写真

    課題は多くて忙しいけど、学年の枠を超えて交流できるのが魅力です。

    I.M.さん

    未来科学部 建築学科 3年
    栃木県 /県立宇都宮工業高校 出身

    Q.DENDAIの魅力は?

    校舎が新しくてきれい、駅からも近いのが魅力です。建築学科では、製図室を全学年で利用するので、学年に関係なく交流できます。
    先輩からもアドバイスをもらえるので、とても勉強になります。

    Q.委員会に所属していますが活動内容は?

    「生協学生委員会」に所属し、新入生向けイベントも主催しています。入学前の女子向けイベントには、100人以上の新入生が参加したことも!
    友人づくりにも役立つので、ぜひ参加してください!

    私のマストアイテム


    設計課題のアイデアを描くスケッチブック

    いつでもバッグに入れて、アイデアを思いついたらすぐ描いています。これから何冊もスケッチで真っ黒にして、一級建築士になる夢を叶えたいです。

  • Y.Y.さん写真

    自然に囲まれた静かなキャンパスで、勉強に集中!吹き抜けのアトリウムがお気に入り。

    Y.Y.さん

    理工学部 情報システムデザイン学系 2年
    新潟県 /県立新潟中央高校 出身

    Q.好きな授業は?

    楽しいけど大変なのが、プログラミングの授業。初心者が多く、友人と相談しながら課題を進めています。今は「再帰関数」の壁に頭が熱くなるほど考えて立ち向かっているところ。思った通りに動くと、達成感があります。

    Q.将来の夢と学びについて

    昔からゲームが大好きで、ゲーム関連企業への就職実績が本学への志望理由でした。それから、システムエンジニアにも興味があります。これから目標を定めて、企業から求められるスキルと人間性を身につけたいです。

    私のマストアイテム


    ラグビー部のマネージャーで愛用しているスポーツウェア

    高校にラグビー部がなかったので、大学で念願のマネージャーに。ワールドカップでファンが増えたので、たくさんの新入部員が入ってくれたらうれしいです。

  • K.A.さん写真

    勉強のこと、サークルのこと、友人同士で情報交換をよくします。

    K.A.さん

    工学部 応用化学科 4年
    茨城県 /県立竜ヶ崎第一高校 出身

    Q.DENDAIの魅力は?

    同じ目標を持った人が多いので、友人同士で頻繁に情報交換をしています。
    研究室選びのアドバイスやレポートの相談、サークル活動など話題は尽きません。授業の合間に一緒にごはんを食べに行くことがよくあります。

    Q.将来の夢と学びについて

    「材料物性化学研究室」に所属して粘土鉱物の研究をしています。化学の道に進むことを予定していますが、コンピューター化学の授業を受ける中で、システムをつくる側のIT分野にも興味が湧いています。化学とITで模索中です。

    私のマストアイテム


    プレゼントしてもらった腕時計とイヴ・サンローランのリップ

    ずっと欲しかったブランドの腕時計は両親からの入学祝い。リップは友人からの誕生日プレゼント。どちらも毎日ずっと持ち歩いて、大切に使っています。

  • T.A.さん写真

    学びはもちろんですが、就活に関しても意識が高い学生が多いので刺激になります。

    T.A.さん

    システムデザイン工学部 デザイン工学科 4年
    千葉県 / 県立柏の葉高校 出身

    Q. 印象に残っている授業は?

    SDGs※1問題の解決策を考えた、2年次のPBL※2形式のグループ学習が面白かったです。
    私たちのテーマは、「男女平等」。アイデアを付せんに書いて貼り出し、討論した中から、意識改革を促す選択ゲームをプログラミングで制作しました。
    社会に出ても役立つ、課題解決の手順を学べました。

    ※1 Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)
    ※2 Project-Based Learning(学生が主体となって学ぶ問題解決型授業)

    Q. 将来の夢と学びについて

    興味があるのは「環境心理学」。たとえば教室で、人は教壇を囲むV字形に座る傾向があるなど、環境が行動に与える影響を研究したいです。

    私のマストアイテム


    爽やかな白のパソコンと大好きな花柄のケース

    プログラミング初心者だったので、授業も課題も最初は大変でした。お気に入りのデザインの物を持つことで、モチベーションを上げて頑張りました。

Pick Up電大女子

  • 人のクリエイティビティを解き放つAIだからこそ何をつくるか、何のためにつくるかにこだわる

    W.Y.さん写真

    W.Y.さん

    システムデザイン工学研究科 
    情報システム工学専攻 
    マルチメディアコンピューティング研究室
    千葉県 /県立松戸六実高校出身

    「ないものは、つくるしかない」がAI研究のスタート

    私の研究は、AIの機械学習で線画のデジタルイラストから肌や髪のパーツを識別し、レイヤー分けするツールの開発です。

    きっかけは、既存のAI自動着色ツールを見て、私なら単純作業のレイヤー分けだけ自動化して、着色は自由に描けるツールがほしいと思ったから。「ないものは、つくるしかない」と、本格的にAI研究を始めました。

    実用化されると、イラストレーターの作業時間を減らすことができます。苦労したのは、AIに学習させる画像の準備。300枚のデータをこつこつ作成し、学習させては補正する作業を繰り返しました。

    AI×クリエイティブが評価され情報処理学会全国大会優秀賞受賞

    この研究を情報処理学会第81回全国大会で発表し、大会優秀賞を受賞しました。

    AIの技術革新が進む中で、クリエイティブコンテンツ制作支援という注目分野だったことが評価された理由だと思います。人の想いやイマジネーションを実現する道具(ツール)として、AI活用の場は今後ますます広がるでしょう。

    だからこそ、何をするか、何のためにつくるかが重要です。AIに興味があるなら、まず何をしたいか考えてみてください。つくりたいもののためなら必要な勉強もできるし、大変な作業も乗り越えられる。私はAIを扱ううえで、常にクリエイターでありたいと思っています。

  • 世界各国の学生と協力してロボットを製作
    『IDCロボットコンテスト大学国際交流大会(通称:IDCロボコン)

    S.A.さん写真

    S.A.さん

    未来科学部 ロボット・メカトロニクス学科 4年
    東京都 / 都立新宿山吹高校 出身

    本学からは学内選考により選抜された6名の学生が出場

    多国籍メンバーとの貴重なものづくり体験で英語も習得



    2019年7月29日から8月9日までの12日間、アメリカのマサチューセッツ工科大学(MIT)で「第30回IDCロボットコンテスト大学国際交流大会」(IDCロボコン)が開催されました。本学からは、学内選考会により選抜された6名の学生が参加しました。

    IDCロボコンは、エンジニアを志す世界各国の学生たちが5人1組のチームを組み、英語で交流する貴重な体験を得る機会。寝食をともにしながらロボット製作に取り組みました。



    初日にくじ引きでチームを結成して挑んだIDCロボコン。戦略や構造の話し合いでは英語の聞き取りに苦労しながらも、自分の考えをはっきりと相手に伝える大切さを実感しました。

    機構を担当したロボットで臨んだ競技会は11チーム中4位でしたが、文化や考え方の違いを理解し合いながら、さまざまな国の人たちと英語で交流し、ものづくりを行う貴重な経験を積みました。英語力をさらに高め、将来はグローバルに活躍できるエンジニアを目指します。

  • 学生の企画・設計による学生食堂リニューアル・プロジェクト
    『Komorebi(埼玉鳩山キャンパス)

    S.Y.さん写真

    S.Y.さん

    理工学部 建築・都市環境学系 4年
    埼玉県 / 栄東高校 出身

    学生による43の設計案から、最優秀案を選定!

    提案から実行まで学生が主体的に関わり、真の学生食堂を実現



    埼玉鳩山キャンパスでは、学生食堂「樹海」のリニューアル・プロジェクトを実施。理工学部建築・都市環境学系の2年次生から大学院生共通の設計課題として提出された43の設計案から、3年次(当時)の佐藤優さんと狩野夏菜さんによる「Komor ebi」が最優秀案に選定されました。

    その後、有志学生スタッフによる協働設計体制で改修工事が進行し、2020年3月に完成を迎えました。



    豊かな自然環境を意識し、食堂を大樹そのものにしようと設計を進めました。天井にランダムに取り付けた六角錐で大樹の下にいるイメージを表現するなど、アイデアをかたちにする喜びを実感しました。“木漏れ陽”に包まれて、ぜひゆったりと過ごしてください。

  • アメリカ遠征! 惑星探査機コンテストに参加
    『TDU Space Project』

    S.Y.さん写真

    O.H.さん

    理工学部 機械工学系 1年
    埼玉県 / さいたま市立浦和高校 出身

    国際大会「ARLISS」に出場!

    国内大会での好結果をもとに念願の世界一を目指す!



    「TDU Space Projec(東京電機大学スペースプロジェクト)」では、米国ネバダ州ブラックロック砂漠で実施される惑星探査機のコンテスト「ARLISS」に毎年参加。小型の模擬惑星探査機(CanSat)をロケットで高度4,000mまで打ち上げ、パラシュートで降下させたあと、目標地点まで自律制御でいかに近づけるかを競います。

    2019年大会には、世界6カ国31チームの学生たちが参加し世界一を目指しました。
    【過去の大会では「ComeBack Competition」部門で3位という成績を残しています】



    2019年3月に開催された「種子島ロケットコンテスト」で、48チーム中3位という結果に加えベストプレゼンテーション賞を受賞し、今度こそ世界一になろうと「ARLISS」に臨みました。昨年度の機体よりも10%の軽量化を目標に、構成部品を見直し、素材の変更や形状変更により900gという超軽量化を達成。

    さらに、ボディを一体化することで強度も向上させるなど、既存のアイデアにとらわれずに意見をぶつけ合いながら、チームの結束力も高まりました。大会当日は、2回ともリタイアとなりましたが、機体が損傷することはなく信頼性の高さは証明できました。

    世界一を目指す舞台で競うのは、人生を変えるほどの体験です。好きなことを思う存分にやらせてもらえる電大の環境で、世界一への挑戦を続けていきます。

活躍する電大女子

学会やコンテストに出場し、表彰された方の一部をご紹介します!
※クリックすると詳細がわかります!

女子比率は?

女子学生の比率は大学全体で13%。
1年次の各学科・学系の女子比率は以下のとおりです。(2021年5月時点)

電大ガールズ インスタグラム

東京千住キャンパスの女子学生を中心に2014年2月に発足したのが「電大ガールズ」。
電大ガールズの日々をインスタグラムで発信中!