理工学研究科の教育・研究方針並びに教育目標

理工学研究科は、2021年4月から、 既設の電子・機械工学専攻を電子工学専攻と機械工学専攻に改編し、理学、生命理工学、情報学、機械工学、電子工学、建築・都市環境学の6専攻体制になります。これにより理工学部6学系を基礎とする6専攻体制となることで、学部教育から大学院教育への連携が強化されます。基礎力に裏づけられた専門性を持つ人材の養成を目指すとともに、この体制を活かしてさらに教育・研究環境を充実させ、大学院の活性化に取り組んでいきます。

日々進歩してゆく科学技術と多様化する価値観に適応可能な研究者・技術者であるためには、基礎学力のみならず、広い視野をもって柔軟に対応していく能力が今までにも増して求められています。専攻や部門の枠を超えて、ここで行われている夢のある先端的な研究や開発に積極的に触れて、自ら問題を発見し解決する能力を養うことができる場を広く提供する、これが基本方針です。

その実現のために有給の副手制度を活用して学部教育への参加を促し、多様な学生に教える経験を通して基礎学力・情報伝達能力の強化を図っています。また科学技術の国際化に対応するためには英語力の向上が欠かせません。海外研修制度の利用、国際学会への参加を奨励して英語力向上を図っています。さらに外部研究機関との共同研究、社会人への公開講座、講義の夜間開講などの様々な企画を積極的に実施・推進することにより、社会に開かれ、地域とのつながりを重視した研究科を目指します。このような活動を通して視野の広い自立した研究者・技術者の育成に努めています。

専攻 課程 昼夜開講 修業年限 学位
理学専攻 修士課程 2年 修士(理学)
生命理工学専攻 修士課程 2年 修士(工学)
情報学専攻 修士課程 2年 修士(情報学)
機械工学専攻 修士課程 2年 修士(工学)
電子工学専攻 修士課程 2年 修士(工学)
建築・都市環境学専攻 修士課程 2年 修士(工学)

研究成果の公表や科学技術の海外移転等、大学院生が将来世界で活躍できるように、科学技術英語教育を重視しています。同時に、国際会議や学会への積極的な参加を奨励しています。 ※「昼夜開講制」を実施しております。

入学者受け入れの方針

理工学研究科は、急速に進化する科学技術と多様化する価値観に対応できる高度専門科学技術者・職業人の養成を目的としています。そのために、理工学の専門分野における基礎力を強化するとともに、専門の教育・研究を通して、他分野を眺められる視野の広い科学技術者・職業人の養成に努めます。すなわち、知識を集積するだけでなく、問題意識を持ち、自ら考え、問題解決力、応用力を養う教育を実践し、創造性豊かな人材を養成します。
この考えのもとに、高度な専門技術者として社会で幅広く活躍したいと考える学生を受け入れます。

理学専攻

理工学研究科の理学専攻は、21 世紀の科学技術創造立国に向けて、その基礎を担うべく自然科学の研究を精力的に行うとともに、専門的知識・技能及び数学的・論理的思考力を身につけた専門的技術者を養成し、将来の科学技術社会のさらなる発展に貢献します。そのため本専攻は、数学を駆使し論理的な思考法を身につけたシステム設計・構築・情報処理技術や、物質の性質を実験データの解析によって解明する能力・経験を持つ専門技術者、さらに自然科学の高度な知識を身につけた教員の養成等を目的とします。
この理念に共感し、幅広く深い学識の涵養を図り、研究能力又は高度な専門的な職業を担うための卓越した能力を身につけたいと考えている学生を受け入れます。

生命理工学専攻

理工学研究科の生命理工学専攻は、生命科学分野と生物環境分野を2本柱とし、学部で学んだ各専門分野をさらに深化させて専門性の確立を図り、各専門分野で活躍できる研究者・技術者の養成を目標とします。本専攻の教育課程編成は、本学建学以来の伝統を守りつつ、近年の高度化、多様化する生命・環境科学分野で活躍できることを目的として、①分子レベルでの生命現象の解明、②生物機能を利用した安全で有用な技術の開発、③生物資源の開発を目指す研究者や技術者を養成します。
この理念に共感し、幅広く深い学識の涵養を図り、研究能力又は高度な専門的な職業を担うための卓越した能力を身につけたいと考えている学生を受け入れます。

情報学専攻

理工学研究科の情報学専攻は、情報学に関する分野の横断的・複合的な教育研究を通じて、21 世紀の基幹産業である情報産業の発展の礎となる人材を養成し、さらに情報学に関する新しい学問分野の創出を目的としています。
情報学は、理工学から社会科学、さらには人文科学の領域にまで拡大した、学際的な学術分野です。すなわち、効率的・創造的な情報システムの開発、人間と社会に関する深い洞察に基づく情報デザインといった、各専門分野を含んでいます。本専攻の教員は、独自の教育研究の領域ばかりでなく、複数の学際的な教育研究の領域を活かし、広い視野に立って研究指導を行います。これにより本専攻は、真に人間の幸福を醸成できる総合的情報学の高度な知識と技術を身につけた人材を養成することを目指しています。
この理念に共感し、幅広く深い学識の涵養を図り、研究能力又は高度な専門的な職業を担うための卓越した能力を身につけたいと考えている学生を受け入れます。

機械工学専攻

理工学研究科の機械工学専攻は、自然・環境と人間との共生のために機械をシステムとして構築し活用することのできる人材の養成を目指します。
先人の築き上げた科学技術を継承し、さらに進化・高度化する専門技術を創出し、国際的なフィールドで活躍できる専門性の高い、グローバルな設計開発エンジニアの教育を進めます。
この理念に共感し、幅広く深い学識の涵養を図り、研究能力又は高度な専門的な職業を担うための卓越した能力を身につけたいと考えている学生を受け入れます。

電子工学専攻

理工学研究科の電子工学専攻は、現在の技術の高度化とそれに支えられた社会を維持し、さらに国際競争の中で勝ち残っていくために、コンピュータ支援技術をベースにしたメカトロニクス、インテリジェント設計といった高度な電気・電子工学を身につけた技術者の養成を目指しています。人間と医療、機械等とのインターフェイスを考えることのできる良識ある人間性、倫理性、福祉への眼差し等の資質、感性を持ち合わせ、また、国際的なフィールドで活躍できる人材の養成を大きな目的としています。本専攻は、電気・電子工学、生体医工学分野において、それぞれの工学基礎知識を生かした、専門性の高い、グローバルな設計開発エンジニアの教育を進めます。
この理念に共感し、幅広く深い学識の涵養を図り、研究能力又は高度な専門的な職業を担うための卓越した能力を身につけたいと考えている学生を受け入れます。

建築・都市環境学専攻

理工学研究科の建築・都市環境学専攻は、人間と自然が調和する環境の構築を目指して、社会基盤の創造と保全に寄与できる建設技術者の養成を目指しています。
建築、土木、環境分野において、それぞれの工学基礎知識を生かした、専門性の高い、グローバルな設計開発エンジニアの教育を進めます。
この理念に共感し、幅広く深い学識の涵養を図り、研究能力又は高度な専門的な職業を担うための卓越した能力を身につけたいと考えている学生を受け入れます。

教育課程編成・実施の方針

理工学研究科は、学生が理工学の専門分野における基礎力を身につけられるように、各部門に専門科目を配置します。また、応用力、問題解決能力も身につくよう、必修科目としてセミナー科目と特別研究科目を配置します。さらに、国際性の涵養も含め、広い視野を培うために、修士課程共通科目を配置します。
この考え方のもとに、教育課程を編成し、実施します。

理学専攻

理工学研究科の理学専攻は、本専攻の「学位授与の方針」で示す能力・素養を学生が身につけられるよう、次に掲げる方針のもと、体系的な教育課程を編成し、実施します。

(1)理学分野における専門知識及び専門技術を獲得し、論理的思考力を涵養する科目を体系的に配置します。
(2)最新の科学技術と多様な価値観に対応できる能力を涵養する科目を配置します。
(3)グローバル化に対応するために、国際的に交流し活躍できる能力を涵養する科目を配置します。

生命理工学専攻

理工学研究科の生命理工学専攻は、本専攻の「学位授与の方針」で示す能力・素養を学生が身につけられるよう、次に掲げる方針のもと、体系的な教育課程を編成し、実施します。

(1)生命理工学分野に関する学識を涵養する体系的な教育課程を提供するとともに、その学識を生命理工学領域の問題解決に活用するための研究的教育の機会を提供します。
(2)プレゼンテーション能力やコミュニケーション能力を高めるとともに、国際性や論理性を涵養するために、学識や研究成果を発表する機会を提供します。

情報学専攻

理工学研究科の情報学専攻は、本専攻の「学位授与の方針」で示す能力・素養を学生が身につけられるよう、次に掲げる方針のもと、体系的な教育課程を編成し、実施します。

(1)情報システムと情報デザインの分野において、専門的知識と技術を獲得し、論理的思考力を涵養する科目を体系的に配置します。
(2)急速に進化する情報技術と多様化する価値観に対応できる能力を涵養する科目を配置します。
(3)広い情報通信分野で国際的に活躍できる能力を涵養する科目を配置します。

機械工学専攻

理工学研究科の機械工学専攻は、本専攻の「学位授与の方針」で示す能力・素養を学生が身につけられるよう、次に掲げる方針のもと、体系的な教育課程を編成し、実施します。

(1)機械工学の幅広い分野において、専門的・技術的知識を涵養するための科目を体系的に配置します。
(2)専門知識を基に機械をシステムとして設計開発することのできるの能力を身につけるため、具体的な課題探求の訓練を行います。
(3)あらゆる分野で進行するグローバル化に対応するため、国際的なフィールドで活躍できる能力を養います。

電子工学専攻

理工学研究科の電子工学専攻は、本専攻の「学位授与の方針」で示す能力・素養を学生が身につけられるよう、次に掲げる方針のもと、体系的な教育課程を編成し、実施します。

(1)電気・電子工学の幅広い分野において、専門的知識を涵養するための科目を体系的に配置します。
(2)専門知識を基に実際のものづくり、設計開発を行うことのできる技術者を育てるため、具体的な課題探求の訓練を行います。
(3)あらゆる分野で進行するグローバル化に対応するため、国際的なフィールドで活躍できる能力を養います。

建築・都市環境学専攻

理工学研究科の建築・都市環境学専攻は、本専攻の「学位授与の方針」で示す能力・素養を学生が身につけられるよう、次に掲げる方針のもと、体系的な教育課程を編成し、実施します。

(1)生活基盤施設、社会基盤施設、国土保全施設に関する分野において、専門的知識・技術及び理論的思考力の涵養を図ります。
(2)急速に発展する高度情報化に対応できる能力を涵養する科目を配置します。
(3)柔軟な思考力のもと、自らの考えを文章化し、意見交換を通して、多様化する社会の諸問題に対応できる学際的能力を養います。

学位授与の方針

理工学研究科は、本研究科に所定の期間在学し(※)、以下のすべてを満たした者に対して、修士の学位を授与します。専攻により、学位には理学、情報学、工学があります。

(1)所要科目30単位以上を修得すること。
(2)必要な研究指導を受けた上、修士論文の審査及び最終試験に合格すること。
(3)上記の遂行を通し、理工学の専門分野における基礎力、応用力、問題解決能力を身につけ、他分野を眺められる広い視野を兼ね備えていること。

※標準修業年限は2年。

理学専攻

理工学研究科の理学専攻は、本研究科の学位授与方針をもとに、本専攻に所定の期間在学し(※)、以下のすべてを満たした者に対して、修士(理学)の学位を授与します。

(1)理学分野における高度な専門知識及び専門技術を修得していること。
(2)修得した専門知識及び専門技術を応用し、問題解決する能力を持つこと。
(3)研究成果を適切な文章にまとめ、わかりやすく口頭発表できること。

※標準修業年限は2年。

生命理工学専攻

理工学研究科の生命理工学専攻は、本研究科の学位授与方針をもとに、本専攻に所定の期間在学し(※)、以下のすべてを満たした者に対して、修士(工学)の学位を授与します。

(1)生命理工学領域における技術者としての独創的な思考、かつ研究開発活動を行うための高度な知識と技術を修得していること。
(2)生命理工学領域における課題を、専門的な知識・技術・能力を整理し統合して、先導的に解決する能力を身につけていること。
(3)科学技術が社会に及ぼす影響を理解した上で、普遍的かつ論理的に判断する能力を身につけていること。
(4)自らの思考や判断の過程を伝達するための、プレゼンテーション能力やコミュニケーション能力を身につけていること。

※標準修業年限は2年。

情報学専攻

理工学研究科の情報学専攻は、本研究科の学位授与方針をもとに、本専攻に所定の期間在学し(※)、以下のすべてを満たした者に対して、修士(情報学)の学位を授与します。

(1)情報学領域における技術者としての創造的・論理的な思考力を持ち、高い問題発見能力と解決能力を持つこと。 
(2)情報学及びその関連分野において得た研究成果を、適切な表現を用い、正確かつ分かりやすく他者に報告できること。
(3)真に人間の幸福を醸成できる総合的情報学の高度な知識と技術を身につけていること。

※標準修業年限は2年。

機械工学専攻

理工学研究科の機械工学専攻は、本研究科の学位授与方針をもとに、本専攻に所定の期間在学し(※)、以下のすべてを満たした者に対して、修士(工学)の学位を授与します。

(1)豊かな創造力や柔軟な思考力を有し、高度な社会的要請を解決する能力を持つこと。
(2)得られた結果を的確にまとめ、広く発表する能力を持つこと。
(3)自然・環境と人間の共生のために機械をシステムとして構築し活用することのできる高度な知識と技術を身につけること。

※標準修業年限は2年。

電子工学専攻

理工学研究科の電子工学専攻は、本研究科の学位授与方針をもとに、本専攻に所定の期間在学し(※)、以下のすべてを満たした者に対して、修士(工学)の学位を授与します。

(1)豊かな創造力や柔軟な思考力を有し、高度な社会的要請を解決する能力を持つこと。
(2)得られた結果を的確にまとめ、広く発表する能力を持つこと。
(3)ものづくりに際し、人間と環境とのインターフェイスに配慮できる視野を持つこと。

※標準修業年限は2年。

建築・都市環境学専攻

理工学研究科の建築・都市環境学専攻は、本研究科の学位授与方針をもとに、本専攻に所定の期間在学し(※)、以下のすべてを満たした者に対して、修士(工学)の学位を授与します。

(1)人間と自然が調和する環境の構築に必要な、高度な専門技術を身につけていること。
(2)建築、土木、環境、さらに情報技術に関する専門分野における基礎力を持ち、問題意識を持つとともに、その解決能力を身につけていること。
(3)問題解決の方法論を論理的にまとめ、結果を文章及び口頭で発表できること。

※標準修業年限は2年。

理工学就職実績グラフ

※2019年度修士課程修了者実績

理学専攻

東京電力ホールディングス、OKIデータ、日本郵便、日本重化学工業、DNP情報システム、スリーボンド、オプトクエスト、アクセリア、ADEKA、ミツトヨ、日研トータルソーシング、ワールドインテック、一般財団法人ニッセンケン品質評価センター、アドバンテック、システムクリエーション、日鉄住金テクノロジー、ユニケソフトウェアリサーチ、NSD、シー・キューブド・アイ・システムズ、浜松ホトニクス、畠山鐵工所、大東化学、日本マタイ

※2017〜2019年度修士課程修了者実績

生命理工学専攻

全薬工業、キヤノンメディカルシステムズ、エイツーヘルスケア(伊藤忠グループ)、ファンケル美健、NECフィールディング、日鉄パイプライン&エンジニアリング、三菱ガス化学、コスメテックスローランド、アルソア本社、なか卯、ACメディカル、KIホールディングス、MICメディカル、アイコン・ジャパン、アグレックス、アタゴ、アルフレッサファーマ、システムソリューション、パーカーアサヒ、パーソルプロセス&テクノロジー、ペイロール、メディカルシステム研究所、モビンギ、一般社団法人埼玉県環境検査研究協会、星野物産、島津アクセス、東亜ディーケーケー、日水製薬、日東精密工業、保土谷化学工業、WDBエウレカ、エムエフケイ、クインタイルズ・トランスナショナル・ジャパン、サティス製薬、シー・エス・イー、ジェイオーコスメティックス、タカノ、メディクロス、ラック、共同技研化学、協栄産業、興研、北越コーポレーション、システムズ・デザイン、ワールドインテック、EP綜合、ポーライト、サクラファインテックジャパン、村中医療器、JCU、ユーディケー、トヨコー、関東化学、武州製薬、モメンティブ・パフォーマンス・マテリアルズ・ジャパン合同会社、アールピーエム、CACクロア、シミック、WDB エウレカ社、テクノプロ テクノプロ・R&D社、アドバンテック

※2017〜2019年度修士課程修了者実績

情報学専攻

KDDI、キヤノン、シャープ、スクウェア・エニックス、セイコーエプソン、トヨタ自動車、ヤフー、三菱電機、大日本印刷、東芝、JR東日本、凸版印刷、富士通、本田技研工業、JVCケンウッド、NECソリューションイノベータ、NTTコムソリューションズ、NTTデータエンジニアリングシステムズ、ダイキン工業、野村総合研究所、ソニービジネスソリューション、トッパン・フォームズ、三菱UFJトラストシステム、三菱電機メカトロニクスソフトウエア、東芝デバイス&ストレージ、AGS、FRONTEO、global bridge HOLDINGS、LIFULL、Live2D、Pioneer DJ、SBX、SETソフトウェア 東京システム本部、T&D情報システム、アイ・エス・ビー、アイコムシステック、アズビル、グリットグループホールディングス、さくら情報システム、ソフトユージング、テプコシステムズ、トーセーシステムズ、ドコモCS、パイプドHD、パイプドビッツ、マースエンジニアリング、マーベラス、マイクロストーン、マクシスエンジニアリング、ユーソフト、ラック、わたしは、ワンダープラネット、共同印刷、蛍の森、三井E&Sシステム技研、小田原機器、第一生命情報システム、東京ガスiネット、日本電産エレシス、日本電子計算、日立超LSIシステムズ、菱友システムズ

※2017〜2019年度修士課程修了者実績

電子・機械工学専攻

NEC、SUBARU、シャープ、ソフトバンク、沖電気工業、三菱電機、大日本印刷、JR東海、凸版印刷、日機装、日産自動車、本田技研工業、オリンパス、キヤノンメディカルシステムズ、キヤノン電子、シチズンマシナリー、シチズン時計、フクダ電子、マツダ、大和ハウス工業、日本電子、日野自動車、富士電機、タニタ、三井住友金属鉱山伸銅、三井精機工業、三菱電機システムサービス、山九、東芝電機サービス、日産オートモーティブテクノロジー、日立オートモティブシステムズ、日立ビルシステム、日立建機、KYB、THK、UDトラックス、UTグループ、イシダ、イワキ、エー・アンド・デイ、カルソニックカンセイ、ケーヒン、コガネイ、コスミックエムイー、スタンレー電気、タムロン、テルモ、トーメーコーポレーション、トプコン、マイクロウェーブファクトリー、ミツトヨ、ミネベアミツミ、ユニプレス、リガク、ルネサスエレクトロニクス、ワールドインテック、加藤製作所、鷺宮製作所、小島鐵工所、生命科学インスティテュート、池上通信機、東日製作所、東邦化研、東洋電機製造、日本ケミコン、日本ライフライン、日本伸管、八洲電機、平田機工、鈴茂器工

※2017〜2019年度修士課程修了者実績

建築・都市環境学専攻

大和ハウス工業、中日本ハイウェイ・メンテナンス名古屋、中日本高速道路(NEXCO中日本)、東海旅客鉄道(JR東海)、東京ガス、IHIジェットサービス、パスコ、旭化成ホームズ、オリエンタルコンサルタンツ、一般財団法人さいたま住宅検査センター、応用地質、橋本尚樹一級建築士事務所、建設環境研究所、国際航業、朝日航洋、東電設計、日本国土開発、波多野調査設計

※2017〜2019年度修士課程修了者実績

関連コンテンツ